建設事業主・一人親方・建設職人のための労働組合
〒657-0832 兵庫県神戸市灘区岸地通5-1-14
TEL : 078-871-1416(代)
FAX : 078-871-1419
>>>資料請求はこちら



組合概要
 

 名称


 所在地

 電話

 FAX

 メールアドレス

 代表者

 組合員数

 結成日

 登記日


神戸土木建築労働組合

〒657-0832
神戸市灘区岸地通5-1-14(地図はこちら

078-871-1416

078-871-1419

k-union@kcwu.dp.u-netsurf.ne.jp

執行委員長 黄 光耀

1282名(平成20年6月30日現在)

1955(昭和30)年5月14日

1955(昭和30)年6月23日






労働組合の仕事及び活動
1  仕事の確保
2  賃金運動
3  技能向上と資格取得
4  支部や専門部会などの活動
5  税金対策
6  建設国民保険及び労働保険の取り扱い
7  年金保険
8  共済制度
9  健康診断などの福利厚生活動
10 献血や募金活動などの社会活動



沿革

1955(昭和30) 組合員171人で結成。
1956(昭和31) 日雇健保適用組合適用組合となる。青年部結成。
1958(昭和33) 組合新事務所が完成。
1964(昭和39) 組合員数が1000人を超える。5支部体制となる。
1970(昭和45) 日雇健保廃止に伴う、建設国保組合を設立。
1976(昭和51) 政府や大手の「ハウス55計画」に対する反対運動を行なう。3.25運動が初めて実施。
1977(昭和52) 建設国保設立以来、長年の宿願であった建設国保助成率の引き上げを獲得。
1985(昭和60) 組合員数が1500人となる。
1991(平成3) 組合員数が2000人となる。3000人体制へと組織拡大に邁進する。
1995(平成7) 阪神大震災が発生。多くの組合員とその家族が被災する。
1999(平成11) 医療保険制度改悪により、建設国保もその影響を受けるが、10割給付を継続。
2000(平成12) 神戸支部班体制が14班からスタート。
2001(平成13) 医療費の伸び悩みや老人保険拠出の負担増により、建設国保が10割給付から8割給付一部償還払制へ移行。
2002(平成14) 標準賃金を1日3万円を目標に、街頭宣伝を展開。
2004(平成15) 結成50周年を迎える。



トップページ組合概要・沿革加入申込活動履歴各支部・専門部会青年部
Copyright (C)2008 Kobe Doboku-Kenchiku Rodokumiai All Rights Reserved.