建設事業主・一人親方・建設職人のための労働組合
〒657-0832 兵庫県神戸市灘区岸地通5-1-14
TEL : 078-871-1416(代)
FAX : 078-871-1419
>>>資料請求はこちら
建設業退職金共済とは

 雇用している労働者に対して、働いた日数分の証紙(掛金)を共済手帳に貼ることによって、退職金掛金が加算されていき、その労働者が退職金を請求したときに、建設業退職金共済事業本部より退職金が支給されるという、建設業の就労の実情に即した退職金制度です。
 
 建設業退職金共済制度(建退共)は建設業に従事する人だけを対象にした国の退職金制度で、加入者の掛金に国の補助が加算される仕組みになっています。事業主が従業員のために加入するのが基本で、長く掛ければ掛けるだけ有利となり、35年でおよそ548万円にもなります。
 
 加入者には手帳が交付されますが、組合が事務組合になって一切の事務手続きを行っていますので、加入事業所は掛金を収めるだけで済みます。

 加入を希望される方は組合までご連絡下さい。

 【AIJ投資顧問株式会社に関する報道について】


 AIJ投資顧問株式会社に関する報道がなされていますが、建退共ではAIJ投資顧問株式会社に委託運用を行っておりません。

 >>>建設業退職金共済事業本部

 
 
建退共の仕組みについて
 
 >>>よくわかる建退共【動画】(建設業退職金共済事業本部ホームページ)

 >>>建設業退職金共済事業本部
掛金について
 
1日の掛金 事務費 1ヵ月の支払金額 35年掛金 退職金支払額(35年)
親方が職人に掛ける分 310円 30円 7,780円 約327万円 約549万円
職人1人につき
(1ヵ月25日で統一)
1人親方 7,160円 約300万円 約505万円
(1ヵ月23日で統一)

※加入時に、加入金100円がかかります。
計算方法・受取条件について
計算方法  
 
 県連に掛金が納入されると、掛金の日数分の証紙を購入し貼付します。

       21日→1ヵ月分          252日→1年分とします
受取条件について
 
 まずは組合にご連絡下さい。なお、退職金を受け取るには、2年以上(504日)以上の証紙が貼られていることが条件となります。

 
 @職人または一人親方から事業主になった時
 A建設業をやめた時
 B55歳になった時(継続もできます)
 C死亡した時(252日分以上)

退職金の支給額
 
(平成15年10月以降に加入し、日額310円で始めた場合)
納付年数 1ヶ月貼付日数、掛金
親方が職人に掛ける分
 1ヶ月(25日)
掛金7,780円
一人親方
1ヶ月(23日)
掛金7,160円
5年 485,925円 447,051円
10年 1,115,225円 1,026,007円
15年 1,842,950円 1,695,514円
20年 2,625,700円 2,415,644円
25年 3,485,175円 3,206,361円
30年 4,426,025円 4,071,943円
35年 5,488,550円 5,049,466円

中退共・小規模事業共済

 建退共以外にも中退共・小規模事業共済などの制度もあります。
詳しくはそれぞれの取扱いの機構にお問い合わせ下さい。

 >>>中退共    >>>小規模事業共済
 
 
トップページ組合概要・沿革加入申込活動履歴各支部・専門部会青年部
Copyright (C)2008 Kobe Doboku-Kenchiku Rodokumiai All Rights Reserved.